薬剤師求人企業内診療所ランキング

薬剤師求人企業内診療所TOP >> 条件別 >> 社会保険完備の企業内診療所の薬剤師求人

社会保険完備の企業内診療所の薬剤師求人

社会保険が完備されているということは働く側にとっては社会で頑張るうえでのひとつの条件です。安定した給与、その中から一定の料率で差し引かれる社会保険額は、会社と折半するカタチで支払っているもので、満額負担となればその時支払っている金額の「倍」の金額を支払うことになります。

もともと企業内診療所は診療料金を会社が負担するというカタチが多く、その企業に所属する社員は会社の「健康」に対する配慮の恩恵を受けているということになります。その企業の健康への対策として、企業内診療所の薬剤師求人を出すのですから、その立場はただ「安定した給与がもらえる」というだけではなく、そこで働く人達が病に臥せったり怪我をしたりした際に「しっかりと治療する」という「責任」を背負うことになるのです。

そのような責任を全うするために、その企業内診療所で働く人の福利厚生をしっかりと行うというのは企業の健康に対する「責任」の延長線上にあることです。診療に携わるスタッフのモチベーションが低いということになれば、どうしてもそこでの治療に身が入らなくなってしまいます。医療に従事する人だからこそ、そこで納得して働くことが必要で、そのような社会保険の整備は当然行われているべきです。

一般企業ではこの「社会に保険」に関して、それ以上でもそれ以下でもない認識で「当たり前」のこととして捉えている場合が多いのですが、薬剤師として薬局や病院で働いていると「薬剤師国保」というカタチで加入していたこともある方も多いはずです。薬剤師国保とは、薬剤師向けの「国民健康保険」で、実は「扶養」という概念がありません。ですから、家族を養っている方に関してはこの薬剤師国保では控除がされずに損をしていたということになります。

一般企業の場合どのような仕事、どのような職責にある方でも同じ人事部門が面倒を見ることになりますから、そのような薬剤師に特化した国保自体「知らない」というケースもあります。そこで、一般的な社会保険に加入できるだけで控除される分「得になる」というわけです。

それまで「当たり前」だと思っていた薬剤師国保では実は損をしているということにすら気が付いていない薬剤師の方も多々存在します。一般企業に転職することでそのような部分を改めて学び直すこともできますから、自身の現状の国保と、転職志望先の社保を比較してみるのもいいでしょう。思わぬところで現状よりも上限が良化することがあるのです。


Copyright (C) 2013-2018 薬剤師求人企業内診療所ランキング All Rights Reserved.