薬剤師求人企業内診療所ランキング

薬剤師求人企業内診療所TOP >> 条件別 >> 第二新卒向けの企業内診療所の薬剤師求人

第二新卒向けの企業内診療所の薬剤師求人

企業内診療所は一般的な企業の部署とは隔絶された就労環境であることが多いです。そのため、「新卒」で一から社会経験を教えこむ体制が整っておらず、薬剤師として新卒で働きはじめたいという方を成長させることはままなりません。そのため、企業内診療所への新卒薬剤師の採用というケースはあまりありません。

ただ、薬剤師としての資格を持つ人は経験がどうあれ必要ですし、一般薬局や病院、調剤薬局などでキャリアを重ねて年収を上げてきた方を雇うのは企業にとってもコスト的に負担が大きい場合があります。そこで重宝されるのが第二新卒の薬剤師です。

一般的に第二新卒というのは新卒で就労して一年から三年の間に早期で転職をする方とのことを指します。受け入れる企業としては即戦力として捉えているわけではなく、ある程度社会人としての経験、そして元いた職場での研修を受けた、「準即戦力」という認識です。仕事のマナーや業界に対する知見など、飲み込みが早い時期でもありますし、体力や気力が充実し、仕事に打ち込むことができる時期でもあります。そしてなによりも社会人としてキャリアを積み重ねてきたわけではないので、年収が高騰していないという点がメリットです。自社の新しい給与テーブルに乗せることができ、採用された側もそれを不満にも感じないということが大きい部分です。

薬剤師として実務についている期間が一年か二年あれば、企業内診療所のドクターの補佐が務まる、あるいは先輩の薬剤師によって教育も容易という判断がつきます。それがまったくの素人、社会人としての経験もない人材であれば、教育の労力というのは数倍に膨れ上がるため、受け入れることができないというのがホンネなのです。

第二新卒として新しいビジョンを描き、企業内診療所への転職を検討している方は、自分自身という人材がそのような位置づけであるということを自覚することで、書類選考や面接においてさまざまなアピールの方法があります。企業にとって気になるのはその短い期間でなにを学んできたのかという点です。それを明確に伝えることができれば、雇用側も安心して採用することができます。

それまで研修制度が充実していた職場にいた場合、どのような研修を受けて、それが仕事に対してどのように役立っているのかということを明確に伝えるのもポイントです。社会人としてどの程度成長した人材なのかということを、募集側がつかみやすいような情報を提供することが大切です。


Copyright (C) 2013-2018 薬剤師求人企業内診療所ランキング All Rights Reserved.