薬剤師求人企業内診療所ランキング

薬剤師求人企業内診療所TOP >> 条件別 >> 正社員の企業内診療所の薬剤師求人

正社員の企業内診療所の薬剤師求人

企業内診療所で働く薬剤師は、その企業によって正社員として雇用される場合と、パートという雇用形態になる場合とがあります。最近では大手企業でも経営悪化で経費削減を余儀なく迫られているため、福利厚生や待遇面でコストがかかる正社員雇用よりも、パート雇用で薬剤師の求人を出す企業が増えています。確かに、正社員だと社員と同じようにボーナスが支給されたり、年金など、企業側にかかる負担も大きくなってしまいます。

正社員でもパートでも、基本的な薬剤師のお仕事は変わりません。一般的には、企業内診療所に併設されている調剤薬局において、患者さん(社員)のデータ入力を行ったり、薬剤の在庫管理、ニーズに応じてメーカーへ発注を行う業務などがあります。また、体調がすぐれないと調剤薬局に足を運ぶ社員や取引先の人に対しては、症状を細かく質問しながら、適切な薬を紹介するという業務も行います。企業内診療所でも、基本的に薬剤師が行う調剤業務は、一般の調剤薬局と変わることはありません。処方箋が必要な薬を求められた場合には、まずは診療所で医師の検査を受けるようにすすめなければいけませんし、薬だけではなく医師の診察が必要だなと感じた場合には、そのように患者さんを促すことも薬剤師の業務となります。

一般的な調剤薬局には、事務の人が常駐していて、接客や電話の対応などは、その事務の人が行うことが多いですよね。しかし、企業内診療所の場合には、薬剤師が自らそうした事務業務や接客対応なども行います。

正社員として企業内診療所の薬剤師求人が出ている場合には、診療所の診察時間が社員の就業時間とほぼ同じ時間帯に設定されていることが多いです。また、社員の数が多く、企業内診療所もガラガラになることなく、それなりに回転していることも、「正社員」として求人募集が出ている場合には、想像できるのではないでしょうか。

パートという雇用形態が増えている中、あえて正社員として求人募集が出ていることに不安を覚えてしまう人もいるかもしれません。リクナビ薬剤師のような転職サイトでは、転職活動をサポートするために専任のアドバイザーがついてくれるのですが、このアドバイザーは薬剤業界のことを知り尽くしたプロ。不安な点や確認したい点などは、気軽にアドバイザーに相談してみてくださいね。「大企業だからパートは採用しない」とか「けっこう忙しいから正社員なのだろう」など経験と知識に基づいて的確なアドバイスをしてくれるはずです。


Copyright (C) 2013-2018 薬剤師求人企業内診療所ランキング All Rights Reserved.