薬剤師求人企業内診療所ランキング

薬剤師求人企業内診療所TOP >> 条件別 >> ブランク明け可の企業内診療所の薬剤師求人

ブランク明け可の企業内診療所の薬剤師求人

薬剤師としてブランクを持つ方にとって、「一旦仕事から離れた理由」というのは様々なことがあります。一般薬局での販売に従事していた方にとって、その勤務スタイルがプライベートと見合わなくなったということも大きな理由です。「店舗」で働いている以上、その店舗に多くの人が訪れる時というのはどうしても働かなくてはいけなくなります。土日はまさにかき入れ時ですから、シフトも多めに入れられてしまうのは仕方のないことでした。

ですが結婚や出産を経てどうしても土日には働けなくなってしまう方も多く、看護師同様一旦職から離れて生活環境を整えることに専念するということが必要になる局面も多いのです。ただ、一般職とは違って一度取得した資格は資格のまま残ります。またその資格を活かして仕事がしたいと考えるのは極自然なことですし、今度は土日や祝日が休みであることを条件にして職探しをすることになります。

すると一般薬局というのは自然と選択肢から離れていくもので、病院での薬品管理や処方箋応需の薬局も候補に挙がるのですが、完全に土日が休みなわけではない場合が多く、特に病床を持った総合病院などはますます土日に関係のないシフト制であることが多いですし、小規模のクリニックはそもそも薬剤師を募集していないことが多いのです。

すると自然に視野に入るのが企業内診療所の薬剤師求人ということになります。企業内診療所は企業内の医務室とは違い、具体的に病気や怪我を発症してしまった社員の方の「治療」を目的とした診療所です。企業内医務室はどちらかというと「予防」の側面が強く、学校でいうところの「保健室」という扱いですが、企業内診療所は企業内に設置された「病院」であることが多いです。

すると治療に際してより実践的な医薬品を備えることが仕事になり、経験として重宝されるのは病院での薬品管理の仕事の経験があれば採用されやすいといえます。ただ、募集の背景として「薬剤師の資格を持った人材が必要」というニーズが大前提にありますから、薬品管理の実務経験がなくても資格があるだけで採用対象にはなります。

薬局での販売の経験しかなくても、販売時にお客さまに処方の仕方を説明していたり、季節によってどのような医薬品を多く備蓄するか調整していたりと、診療所においても必要な経験はあるはずですので、積極的に応募する価値はあります。大企業ならではの福利厚生の一環としての企業内診療所でもあるため、ブランクがあっても資格を持っていれば応募することにまったく問題はありません。


Copyright (C) 2013-2018 薬剤師求人企業内診療所ランキング All Rights Reserved.